ブログネタ
手、足、肩、腰のつらい症状 に参加中!
腹部が痛いとき
腹部といってもどこが痛いかによって症状が大きく異なっています。

みぞおちの当たりだと胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、マロリーワイス症候群、特発性食道破裂などの食道、胃の病気が疑われます。

腹部のおへその中心だと虫垂炎の初期、腸閉塞、血管、腹部大動脈瘤などの可能性もあります。

肋骨上腹部付近だと右A型急性肝炎、肝硬変、胆石などです。

逆に左側だと膵臓の病気の可能性があります。

また、胆石、すい臓の病気で胃の周辺が傷むこともあります。

左右の下腹部では尿管結石などの尿に関する病気や大腸に関する病気、

下腹部だと女性であれば子宮筋腫などの支給に関する病気が、男性であれば前立腺などに関する病気の可能性もあります。

しかし、お腹が痛いといっても個人が判断する事は難しいので続く様だったり、何らかの違和感があれば病院にいくことも必要ですね。


スポンサーリンク