ブログネタ
★健康は美容の素★ に参加中!
足の裏が痛い原因としては良くあるのは歩きすぎですね。足を使った日やその翌日は足の裏が痛い日が多い気がします。

これからサンダルの時期なので新しいサンダルを買ったときにまだ慣れていないときには足の裏が傷みを感じる事も多い気がします。

歩き方が悪いと足の負担がかかり、朝起きた時や夜の帰宅後に足の裏に痛みを感じる事もあるとか。

何度か履いても痛みが取れないや靴擦れが出てきたときには、そのサンダルを使わないようにしていますね。

また、サンダルや靴はヒールあるものは痛みを感じやすいので、ヒールが低めのものを選んでいます。

タコや魚の目、イボなどができて痛くなったときにはそれぞれの処置を行いましょう。

足がむくんで足の裏に痛みがある時もあります。そんなときには足を休ませ、手でもみほぐすなどのマッサージをしてみましょう。

むくみは運動不足や冷たい飲み物が原因となるので、そうした事を控えるのも効果的ですね。

外反母趾で小指などの付け根が痛みを感じるときもありますね。

外反母趾にはなった事がないのですが、疲労での足の痛みはだいたい三日程でどんなにひどくても治っている気がします。

しかし、問題は痛みが続くときや耐えがたい痛みがあるときは骨にヒビが入っている可能性なので外科に行くようにしたほうが良いのではないかと思います。

また、足の裏が痛い病気として考えられるのは

痛風(親指などの指の付け根のとき)
足底筋膜炎(足の指の付け根からかかとに炎症が起こっている。土踏まずが痛くなる時もあるようです)
神経痛

が考えられます。
疲労からくる痛みとは少し違うと感じたときには医者にかかる事をお勧めします。



スポンサーリンク