ブログネタ
インキンタムシ症状薬 に参加中!
インキンタムシは男性でも女性でもかかる病気で陰部がかゆくなる病気です。場所が場所なので、なかなか病院に行きにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
もし、同性の先生のほうが症状を見てもらいやすいと感じるときには、男性なら男性の、女性なら女性の先生がいる皮膚科を受診してみましょう。

インキンタムシは水虫の菌が原因なので、ネット通販や薬局でも買うことができます。
それで症状が治まればよいのですが、なかなか収まらないときには原因自体が違うこともあるので、病院で適切な診察を受けるようにしましょう。

陰嚢湿疹は陰嚢の部分、インキンタムシは足やおしりなどの部分という見分け方もありますが、インキンタムシではない、他の病気が原因となっている可能性もあるし、病院であれな適切な薬をもらえるため、早めに病院に行くようにしましょう。
インキンタムシはつよいかゆみを伴うため、かきむしると色素沈着を皮膚が起こすので気をつけましょう。
実際に適切な薬を飲めば、一、二週間ほどで治るため、可能な限り、皮膚科の受診を検討してみてはどうでしょうか。

インキンタムシの治療薬は塗り薬で軟膏タイプのものと液体タイプのものがあります。
塗ってから一週間ほどで賞状がおさまってしまいますが、薬を辞めるタイミングは皮膚科の先生の指示を仰ぐのがベターではないでしょうか。



スポンサーリンク