ブログネタ
インキンタムシ症状薬 に参加中!
インキンタムシは男性だけではなく、女性にも感染する病気です。
そんなインキンタムシの写真や画像はいろいろなサイトで閲覧できるようになっていますね。
主に皮膚科などの病院が症状の一例として載せている場合が多いのではないかと思います。

インキンタムシは男性の病気というイメージがついた発端って何なのでしょうか。
原因菌は男性特有のものではなく、女性にも感染する白癬菌です。
これが股の部分に感染すると、炎症を起こし、強いかゆみも引き起こします。
インキンタムシは別名、「股部白癬」とも呼ばれます。

陰部がかゆくインキンタムシかもしれないと思ったときには、ネットで写真を検索して実際に見比べてみるのが良いかもしれません。ただ、かゆみが続く場合や、耐えられないと感じたときには早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

皮膚科では症状だけではなく、実際に皮膚を削り、顕微鏡で菌を確認して、病名を特定するようです。

インキンタムシの素人判断が危険とされるのは、よく似たものとして陰嚢湿疹という病気があるためです。
陰嚢湿疹は陰部に湿疹ができます。
ちなみにインキンタムシの場合は、太ももやおしりにも症状が出てきます。

陰部周辺のかゆみという点でこの二つは似ていますが、治療法が全く違います。
インキンタムシは抗菌剤を使いますが、陰嚢湿疹はステロイドを使います。
このステロイドは白癬菌の大好物なので、インキンタムシがあっかしてしまうのです。
そおため、早く確実に治すためには、皮膚科に行き、原因をはっきり特定してもらうのが好ましいですね。



スポンサーリンク